作品と一緒のゴールデンウィーク

こんにちは。koeの李京玉です。
明日から5月ですね。
大阪のアトリエは先週から連休に入っており、
李は作品展の作品の最後の仕上げにがんばっています。
今回の作品はたくさんのカラーを使っていますが、
ひとつひとつのモチーフを作るとき、
あえて全体のことはあまり考えず、
その日の気分で気ままに色合わせや柄合わせをしたので、
毎日が新しい作品に取り掛かるようで、
退屈さもなく、本当に楽しかったです。
だんだん作業も終盤に差し掛かると、
少しさびしいような気もしてきます。

このごろよく時間があると覗いているブログがあります。
「永井千佳の音楽ブログ」というものですが、
その中のある記事に胸がドキッとしました。
「人生の時間を使うということ」というタイトルのその記事には
永井さんの恩師のY先生がおっしゃった次の言葉が。
「人生の貴重な時間を使っている。ここで命を使っているということなのですよ。」

命をかけるというのは大げさかもしれませんが、
限りのある命の時間を何かのために使うというのは、
言い換えれば命をかけているともいえます。

この記事を読んだとき、
胸の奥がざわめき、今の一瞬一瞬の大切さに涙が出ました。

今作っている作品にももう二度と戻れない一瞬の時が、思い出が
散りばめられていることでしょう。
一針一針に心をこめています。
5月11日からのポジャギ工房koeグループ展、ご期待くださいね。

「永井千佳の音楽ブログ」はこちらから。
「人生の時間を使うということ」→
このブログに出会ったきっかけになった、
韓国人指揮者チョン・ミョンフンさんに関する記事は→
チョン・ミョンフンの指揮で5月2日サントリーホールにて
東京フィルハーモニー交響楽団の演奏会があります。
すごく行きたかったですが、またの機会に・・・
今は作品に夢中です~
[PR]
by k-pojagi | 2012-04-30 17:25 | POJAGI工房 koe
<< ポジャギ工房koeグループ展「... 「李京玉ポジャギ展 in 名古屋」 >>