東京アトリエの周辺

こんにちは。koeの李京玉です。
連日猛暑が続きますが、皆さんお元気ですか。
李はとてもインドアーな日々です。
ここ数日は、スッカラ連載用の作品を作ったり、
会報や連載記事を書いたりしています。
今度の作品(11月号かな)は如意珠紋のポジャギです。
めがね入れを作りました。まだお見せできないですが、
楽しみにしてくださいね。

先日は古い映画ですが、「ドクトル ジバゴ」(1965年)を見ました。
小学生か中学生のごろテレビで見て以来です。
ロシア革命時代、若き医師のジバゴと恋人ラーラの数奇な運命を描いた作品で、
なんといっても極寒のシーンが多く、
しばらく暑さを忘れてしまうほどでした。

子供のごろ、すごく印象的だったのが、
雪と氷の世界と化した別荘のシーンでした。
屋敷の中にも氷柱ができていて、
窓には美しい雪の花が一面に広がっていて・・・
内容的にはすごく酷なシーンですが、
子供の頃の記憶ではとてもメルヘンな世界に映っていましたね。

改めて見ると、古い映画独特の色あせた感じの色彩が
また時代背景によくマッチしていて・・・
やはり往年の名画っていいです。

さて、前置きが長くなりましたが、
10月にオープンする東京アトリエの様子を少しお見せしますね。
まずはテラス付の大きな窓。
一目でここ!って思えましたよ。
c0185092_2221490.jpg


アトリエの後ろは体育公園という公園があります。
緑豊かです~
c0185092_2221242.jpg


近隣の施設にはこんなところが・・・
茗荷谷は学校が多いのも特徴です。
パチンコなどは街の条例でできないのだとか。
静かで落ち着いている街です。
c0185092_22214149.jpg

[PR]
by k-pojagi | 2012-08-06 22:23 | POJAGI工房 koe
<< 広島現代美術館でポジャギに出会えます 新規教室案内 >>