モシのはぎれ

こんにちは。koeの李京玉です。
少しずつためてきたモシの端切れ、気がつけば、結構たまっていました。
モシの反物のはじめと終わりの部分で、
織り目も粗く、お店のはんこが押してあったり、
当て布を縫い合わせた縫い目が残っていたり、
なぜが丸く穴が開いていたり(サンプルを取ったのでしょうか)する
端っこの部分です。

昨日は一枚ずつアイロンをかけて伸ばし、
今日は色ごとに分類しました。

白や生成り、ベージュやグレーの布をながめていたら、
さっそく縫ってみたくなり、
小1時間ほどチクチクしてみました。

最近雑務に追われることが多く、
しばらく針を持ってなかったので、
少しの時間ですが、
頭がすっきり!!しました。
手仕事の偉大な力ですね。

作品展用のものではないですが、
あまり形というものにこだわらず、
縫い目も気ままに
つなぎ合わせて、一枚にしてあげようと思います。

c0185092_13201695.jpg

[PR]
by k-pojagi | 2013-02-24 13:21 | POJAGI工房 koe
<< 『暮らしのポジャギ』の4刷が発... 札幌で8月に「李京玉ポジャギ展... >>