お正月明け

こんにちは。koeの李京玉です。
また新しい1週間が始まりましたね。
皆さんお元気でお過ごしですか。
先週李は29日キルトフェスティバルを終え、
神戸に戻り、週末あたりは旧正月・・・
何をするわけではないですが、
韓国のお雑煮トックを作ったりして、
ささやかに正月気分に浸りました~

我が家のトックはこんな感じです。
c0185092_9323137.jpg


作り方は
だしを作る
(李は和風だしも使います。今回使ったのは茅乃舎のだしパック)
沸いてきたら、トックを入れます。
(トックはうるち米100%なので、日本のお餅のように伸びません)
溶き卵を入れます。
しょうゆとお塩で味を調えます。
すり下ろしたにんにく(2人前に1/2かけくらい)とねぎを入れて、
コショウを少々・・・
で出来上がりです!!

簡単なのでみなさんもいかがでしょうか。

あとは、神戸に遊びにきてくれた姉がもってきてくれた
わかめと荏ゴマの油で、わかめスープも作りました。
姉が買ってきてくれた自称最高級の干しわかめには
袋に「産婦用」と書いてありました。
出産後わかめスープで栄養を補う習慣がある韓国では
最高級のわかめは「産婦用」になるのですね。

戻したわかめを荏ゴマの油でよくいため、
水を入れてじっくりスープにします。
味付けはしょうゆと塩だけ。
中に牛肉やアサリなどを入れてもおいしいですよ。
でも李の実家の味はわかめだけのシンプルなもので、
無性に懐かしくなる味でもあります。

韓国のわかめスープはわかめが盛りたくさん!です。
里帰りのとき、主人は母に
「わかめ少なめでお願いします」と必ずいいます。
さらさらとわかめが泳いでいる日本式のものを想像して、
見事に裏切られた苦い?思い出があるから・・・ですね。

c0185092_932539.jpg


日本の韓国料理屋さんではごま油で作ることが多いですが、
やはりわかめスープには荏ゴマの油です。
油は分離して浮いたりしないで、
白濁した上品なスープになりますよ。
荏ゴマの油はオメガー3も多く含まれていて、
健康にもいいといいます。
しばらく油を切らしていましたが、
どんどん使っていきますよ~
c0185092_9332327.jpg

[PR]
by k-pojagi | 2014-02-03 09:20 | POJAGI工房 koe
<< 立春大吉 東京国際キルトフェスティバルに... >>