秋になると

こんにちは。koeの李京玉です。
今日も一日が終わろうとしています。
一日があっという間に過ぎてしまって…

みなさんは目覚ましソングってありますか。
この頃の李はBump of Chickenの曲。

朝目が覚めると
すぐにアトリエへ
Bump of Chickenのアルバム「Orbital period」を
3回ほどリプレイして聞きながら、
気分を盛り上げて(?)いきます。
特に好きなこのアルバムの曲たちは
曲もいいですが、歌詞が素晴らしく、
縫い物をしながら聞いていると
いろいろな情景が頭に浮かんできます。

「かさぶたぶたぶ」は
どうしたらこんなにかわいい詩を作れるんだろうと感心するし、
「supernova」は胸の奥がぎゅんとなります。

夜はドビュッシーのピアノ名曲集。
気持ちが穏やかになります。

***

秋も深くなるこの頃、
気持ちは少しセンチメンタル?
二日に1度は泣いている気がします。
(ご安心ください。感動の涙なので…)

そんなこの頃、胸に刺さった曲。
Damien Rice の「The blower's Daughter」
下記のページで聞けるのでどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=5YXVMCHG-Nk

韓国では本屋さんに詩集の特設コーナーができる季節。
秋にはみんな詩人になります。
[PR]
by k-pojagi | 2014-10-28 18:57 | POJAGI工房 koe
<< 秋の味覚 作品展まで1か月を切りました >>