朝鮮最後の王女遺品韓国に寄贈(新聞抜粋)

こんにちは。koeの李京玉です。
今年は日韓国交正常化50年周年の節目の年。
日本統治時代政略結婚により
日本にきて悲運の人生を送った
朝鮮最後の王女「徳恵翁主(덕혜옹주)」の遺品が
韓国に寄贈されます。
寄贈した文化学園服飾博物館によると
「両国の文化における友好、協力が深まるよう願い」
この度実現したとのこと。
徳恵翁主が来日の際持参した宮廷衣装などは
当時の王室の服飾文化を知る
貴重な遺物として高く評価されています。
韓国国内のメディアでも大きく紹介され、
話題を集めています。
東京新聞の記事をご紹介しますね。
(東京教室のH様、ありがとうございます)
c0185092_1230897.jpg

[PR]
by k-pojagi | 2015-06-23 12:31 | POJAGI工房 koe
<< 「朝鮮王朝宮中衣裳及び礼服装飾... 夏の花 >>