「単色のリズム 韓国の抽象」展

単色のリズム 韓国の抽象
Rhythm in Monochrome | Korean Abstract Painting

東京オペラシティ アートギャラリー
2017年10月14日[土]より12月24日[日]まで


c0185092_21072571.png
東京オペラシティ アートギャラリー紹介ページより

韓国の抽象絵画は、欧米の同時代美術を受容する過程で東洋的な精神性をたたえた韓国固有の表現として確立し、ことに1970年代に生まれた「単色画(ダンセッファ)」は、極限までそぎ落とされたミニマルな美しさと繊細な息づかいを特徴として豊かな発展をみせました。この動向を担った作家たちは、本国の韓国と並んで日本でもさかんに紹介され、70年代から90年代にかけて両国アートシーンの活発な交流をもたらしました。その後、2015年にヴェネチアで単色画の大規模な展覧会が開催されたことなどがきっかけとなり、急速に再評価が進んでいます。
近年、世界的なブームといえるほどの注目を集める韓国の抽象ですが、当館では寺田コレクションの中核のひとつとして1999年の開館当初から収蔵しており、国内でも有数のまとまったコレクションとなっています。本展は、韓国の単色画とそれを受け継ぐ世代を、当館コレクションとともに全国の美術館や所蔵家の協力を得て総合的に展覧するものです。欧米文化の受容から韓国独自のアイデンティティを探求するなかで獲得された、静謐さと洗練をあわせ持つ作品からは、表現とはなにか、というシンプルで奥深い問いが投げかけられているようです。単色の画面に静かに響く呼吸は、私たちの感覚を研ぎ澄まさせ、豊かな視覚体験へと誘ってくれるでしょう。


c0185092_21074603.jpg

c0185092_21080022.jpg

c0185092_21081176.jpg












[PR]
by k-pojagi | 2017-10-10 21:15 | POJAGI工房 koe
<< 「単色のリズム 韓国の抽象」展② チュソク(秋夕) >>