<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

大阪難波髙島屋 李京玉個展(9月29日~10月5日)

こんにちは。koeです。
只今大阪難波髙島屋の個展の真っ最中です。
昨日の初日は朝から多くのポジャギファンの方々がご来来場下さいました。
懐かしい顔も、課題で一所懸命な現役の生徒さんも、
ネットでつながるポジャギ仲間も。
グランジュテをご覧になって…とおっしゃる方も。

皆さんに囲まれて幸せな時間を過ごしています。
10月5日(火)午後7時まで開催です。
(会場の都合で7時に閉場となりました)
ぜひお越しください。

会場では気軽に声をかけてくださいね~
c0185092_8114225.jpg
c0185092_8121229.jpg
c0185092_812381.jpg
c0185092_813446.jpg

[PR]
by k-pojagi | 2010-09-30 08:14 | POJAGI工房 koe

来春の作品展

こんにちは。koeです。
昨日まで東京のレッスンでした。
8月がお休みだったので、
なんだかとても久しぶりな感じでした~

東京教室は目下来年4月のグループ展に向けて
皆さん頑張っています。
会場は目黒駅近く、閑静な住宅街にある
一軒家ギャラリー。
自然光がやさしく部屋にさしこむ、
素敵な空間です。

暮らしの中で使われてきたポジャギであるこそ、
飾る場所も暮らし感のある空間にこだわりたくなります。

まだ漠然とした構想の方もおられましたが、
皆さんのお話を聞いていると、
李の頭の中ではすでに作品が勝手にイメージされ、
早くも実物に会いたいとワクワクするのでした。

来月はもう少し具体的な構想を聞かせてくださいね。
皆さんがイメージする作品にぴったりの、
あるいは創作意欲を触発される素材に出会えること、
陰ながら応援しています。

この秋には教室が開催されているギャラリーKyoにて
ポジャギファンのみなさんのため、
新たな企画も進んでいますよ。
楽しみにしてくださいね。

10月からは新しい入門のクラスも始まり、
11月からはいよいよ週末のコースも始まります。
新しい生徒さんにお目にかかれるのもひそかな楽しみ~
またこれからもkoeをKyoをどうぞよろしくお願いいたします!

あ、20日の日々燦々の会(もう10回目)でつくった「チャプチェ」
本当においしかったです。
申込みの方が多く、
9月は一度も参加したことがない方のみにさせていただきました。
10月も同じメニューで開催します。
今回申込み出来なかった方々、10月にお待ちしております。
10月はレッスンの関係で午後2時~のスタートとなります。
詳しくは近日またブログにてご案内しますね。

今夜はまあるいお月さま見れるかしら…
静かに静かに秋の渡来です…
まったり素敵な夜を~
c0185092_2130103.jpg

大阪名物「大たこ」先週初めて並んで食べました~
うん!名前通りタコが大きく、美味でした!
[PR]
by k-pojagi | 2010-09-23 21:33 | POJAGI工房 koe

「悪人」を読みました

こんにちは。koeです。
9月になり、少し前とは違う風を感じるこのごろです。
また残暑は厳しいですが、
気分は秋に向かって新たな期待感でいっぱいです。
四季がある国で暮らせること、とても幸せに思います。

先日、吉田修一の「悪人」を読みました。
吉田さんの作品はこれが初めてです。
彼のコラムなどは時々目にしていて、
いつか読んでみたいと思っていましたが、
ちょうど映画化もされたということで、
なんとなく手にしました。

読み終ってからの感想というのはとても複雑で、
ひとごとでは表せません。
怒りにも似たせつなさ、もどかしさを胸に覚えました。
なんでこうなってしまうの…
二人がもう少し早く出会っていたならば…

この作品の魅力の一つは九州弁だと思います。
物語の舞台は長崎・佐賀・博多です。
登場人物たちのセリフはすべて九州弁。
九州弁に接した経験はあまりないですが、
不思議とセリフを目で追っていくと自然に聞こえてきました。
独特の語調が…

荒い感じもあるけれど、
どこか純朴でストレートで
どのセリフも標準語に置き換えると
伝わり方が全然違うだろうなあという気がしました。

悪人は誰なのか、悪とは何なのかが
この小説を貫くテーマのようなのですが、
みんなが悪を背負っているのでは。
どうでもいい些細な嘘を塗り重ねる日常…
個々から生まれるその小さなずれが、
やがては思わぬ悲劇を生んでしまうのでは…

今朝「モントリオール映画祭」で光代役の深津絵里さんが
最優秀女優賞をとったというニュースを聞きました。
ファンの一人として素直にうれしいです。
映画化もあり、文庫本の表紙には
上編には妻夫木さんが、下編には深津さんの写真が載っていました。
小説を読んでいくうちに、
光代はいつの間にか深津さんの顔・声になっていましたね。
祐一は妻夫木さんには結び付かなかったですが。

小説自体がとても良かったので、
映画まではいいかなと思っていましたが、
週末映画館ものぞいてみようかしら、と考えています。
c0185092_12121724.jpg
c0185092_12125282.jpg

先日初級ののレッスンで仕上げた韓国伝統の結び紐付き袱紗です。
珍しく教室終了間際にはほとんどの方が完成していました。
手刺繍に負けないように、きれいなサンチムを!が一つの目標でした。
サンチム、皆さん苦戦したようです。
また頑張りましょうね~
[PR]
by k-pojagi | 2010-09-07 12:17 | POJAGI工房 koe