<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

NHK「すてきにハンドメイド」に出演します

こんにちは。koeの李京玉です。
もう「NHKすてきにハンドメイド」4月号(旧おしゃれ工房)を
ご覧になった方もいらっしゃると思いますが、
4月21日「すてきにハンドメイド」に出演します。
(21日は偶然にも東京教室グループ展の初日でもあるんです)

ご紹介する作品は「一枚布でつくるポジャギのストール」です。
技法は「つまみ縫い」、素材は「モシ(麻)」を使いました。

布の折山をぐし縫いでつまんで生まれる繊細な線で、
ポジャギの基本パターンともいえる幾何学模様と
お花を形が愛らしい如意珠紋の模様を描いてみました。
c0185092_23564533.jpg

c0185092_23573352.jpg

さらに参考作品(テキストに作り方は載っていませんが)では
多彩な色の糸を使い、チェック柄を表現してみたり、
(テキストの写真ではちょっとわかりにくいですが、放送の際はよく映ると思います)
つまみ縫いを均等な間隔で表・裏両方でつまむことでプリーツのような効果を出したり、
(この作品は今までにない造形が楽しめるので、とてもおすすめです)
一枚布の中で思いっきりつまみ縫いを楽しんでみました。
c0185092_23581099.jpg

ポジャギは難しいという先入観から
まだトライしていない方々にもぜひやっていただきたいと思います。
まずは手始めに素材と仲良くなりましょう!
モシを洗って、手でもんで柔らかくして、それをつまんで縫って行くうち、
(ストールはこの工程が大事。ちゃんと首回りにそいます)
素材の特徴・魅力がよくわかってくるのではないかと思っています。

また一枚布の中での作業なので
絶対失敗しない作品でもあります。

ぜひトライしてみて下さいね。

来週は放送用の動く手元のプロセス、来月にはスタジオ撮りが残っています。
まだまだ気が抜けませんが、がんばります。

◆放送日(教育テレビ)◆
本放送 4月21日(木) 午後 9:30~9:55
再放送 4月28日(翌週木) 午前 11:30~11:55

※東日本震災 義援金の募金の呼びかけは下記のページからでもご覧になれます。
http://korea-e.jp/cat31/post-25.html
[PR]
by k-pojagi | 2011-03-26 00:06 | POJAGI工房 koe

被災地支援のため、義援金の募金を開始します

この度の東北地方太平洋沖地震によって、多くの方々が震災に遭われました。
テレビからの被災地の映像は、これが同じ日本なのか、目を疑いたくなるものばかりです。

私たちは韓国で生まれ育ち、
日本に来るまで地震の怖さを一度も実感したことがありませんでした。
津波の恐ろしさもあまり知りませんでした。

この度の地震で、その怖さ・恐ろしさを充分見せつけられ、身を持って感じました。
そして、それ以上にいつもの日常というものがどれだけ幸せで恵まれているものか、
かみしめています。

家族と一緒にいられること、
暖かく身を休める家があること、
食べること・飲むことに困っていないこと、
歩きなれているいつもの通勤路・通学路を今日もまた歩けること、
電話の向こうからふつうに家族の声、友人の声が聞こえてくること…

当たり前の日常の風景の一つ一つが
今までにない意味合いを持って迫ってくる思いです。

一瞬にしてその日常を失わざるを得なかった被災者の方々の悲痛な思いは
私たちは決して知り得ないものですが、
私たちでできること、ほんの少しでも手助けになれることがあるはずだと思いました。

POJAGI工房koe & ギャラリーKyoでは
被災された方々を支援するため、義援金の募金を開始します。
POJAGI工房koe、ギャラリーKyo、関連ポジャギ教室・ポジャギ展会場にて
募金活動をします(4月30日まで)。
集まった義捐金は全額日本赤十字社を通じて
被災者の皆様への支援に活用されるよう寄付いたします。

小さな布たちが縫いつながれ、一枚の美しいポジャギに生まれ変わります。
古くからポジャギには夢、希望、愛情、感謝の思いが込められました。
ポジャギの輪を通じてその思いを被災地までお届けできればと思います。
一日も早い被災地の復興を心よりお祈り申し上げます。


                                      2011年3月14日
                        POJAGI工房koe 李京玉(い・きょんおく)
              ギャラリーKyo 宋周栄(ソン・ジュヨン) 李賢静(イ・ヒョンジョン)

c0185092_014218.jpg

[PR]
by k-pojagi | 2011-03-15 00:02 | POJAGI工房 koe

第15回 日々燦々の会のご案内

※東北地方太平洋沖地震の影響でイベントは中止となりました。ご了承願います※

包む繋がり~グジョルパン(九折坂)と小鳥の紐付き袱紗

韓国の宮廷料理の一つ「九折坂」をご紹介します。8種類の具を煎餅に包んで食べる九折坂は伝統婚礼や御祝いの晩餐に色鮮やかで上品な味わいとして知られている一品です。
包んでいただく料理「クジョルパン」に合わせて、手仕事も包むアイテムで、袱紗にしてみました。紐付きなのでくるっと袱紗をとめることができます。紐の先には手刺繍入りの可愛い小鳥ちゃんをあしらってみました。25×25cmのサイズです。アクセサリなどを包むのにぴったりです。                                                 

◆3月21日 (月)14:00-16:00     
◆参加費:3,500円
◆準備物:マイ箸、針、糸(青)、布切りはさみ、30㎝定規、チャコペンシール、
       目打ち、セロハンテープ 
◆お問合せト申し込み:TEL/03-6416-8642 FAX/03-6416-8641
              gallerykyo@hotmail.com
c0185092_13374576.jpg

c0185092_13382592.jpg

[PR]
by k-pojagi | 2011-03-14 14:33 | Gallery Kyo

素敵な贈り物

こんにちは。koeの李京玉です。
もう3月だというのに、寒かったり、雨が降ったり…
なんだかはっきりしない天気が続きますね。
日本は4月に新学期が始まりますよね。
韓国は3月、ちょうどいまの時期は入学式シーズンなんですよ。
入学式の服装と言うと、
おニューの服でしょう。
重いコートは脱いで、すっかり春先の軽い服装になります。
まだまだ冬のコートを手放せないいまの自分と比べたら、
相当寒かったはずなのに、
あまり寒かった覚えがないのは、
あのごろは若かった証拠なのでしょうかーー

さて今日は東京の李賢静さんから素敵なプレゼントが届きました。
大好きな「ウンナム(銀の木という名前)」のネックレスです。
「ふっと京玉さんの色が思い出す作品があったので送ります…」と。
ちょっと自慢しますね。写真これです↓
c0185092_18382144.jpg

素敵な…
「ウンナム」はソウルにある金属工芸のショップで、
石とがアンティークのビーズとがを使ってつくる
韓国の伝統美を思わせるアクセサリが魅力です。
個人的にもソウル出張の際はちょくちょく
買い集めて愛用していますよ。

只今ギャラリーKYOで展示販売しているとのことです。
ご興味のある方はぜひ期間中に足を運んでみて下さいね。
(早いもの勝ち?かも^^)
詳しくはこちら⇒http://www.gallerykyo.com/

このネックレスを包むのにぴったりの袱紗、
たまたま日々燦々の会で紹介するアイテムとして、
昨日作っていました。↓これ!
c0185092_18391390.jpg

今度東京行くときには
この袱紗に包んで持っていこうと。
頂いたネックレス、教室でご披露しますね~
[PR]
by k-pojagi | 2011-03-07 18:42 | POJAGI工房 koe