<   2015年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧

広島針

こんにちは。koeの李京玉です。
ポジャギ用針でおなじみの広島針「チューリップ社」から
発売された新しいシリーズ「針ものがたり」。

針を大切に収納できるシリンダーケース入りで、
折れにくく適度にしなやかなボディ、
糸通りのなめらかな針穴やスムーズな布通りの針先など、
こだわりの針になっています。
絹・薄手木綿/麻など薄地用の
四ノ一(薄地用)はポジャギにも最適です。
ネットショップからご利用できます。
ぜひお試しください。

*サイズ:長さ33.3×太さ0.56mm/6本入
*既存のポジャギ用針と同じ太さ・長さです。

c0185092_054334.jpg

c0185092_055994.jpg

c0185092_061219.jpg

[PR]
by k-pojagi | 2015-05-30 00:06 | POJAGI工房 koe

「李京玉ポジャギ展~ポジャギのある風景~」 in 名古屋

こんにちは。
ポジャギ工房koeの李京玉です。
名古屋展が来週と近づいてきました。

「李京玉ポジャギ展~ポジャギのある風景~」 in 名古屋

■ 会期-2015年6月3日(水)~7日(日)
      午前11時~午後5時(最終日は午後4時閉場)

■ 会場-アートスペースA-1 2F/3F
      名古屋市中区栄1-24-28
      TEL 052-232-6266
      http://www.artspace-a1.com

      *地下鉄鶴舞線『大須観音』駅 4番出口より徒歩3分 
      *地下鉄東山線『伏見』駅 6番出口より徒歩8分
      *名鉄バス『白川公園前』 バス停より徒歩1分

会期中は作品展示のほか、
キット・麻や絹などのポジャギ用生地・書籍
その他関連グッズの販売も行います。
ご来場お待ちしています。

c0185092_11543783.jpg

[PR]
by k-pojagi | 2015-05-26 14:22 | koe展示会/イベント

ピルケース

こんにちは。koeの李京玉です。
昨夜数時間ちくちくと針を動かし、
久しぶりに小物を制作してみました。
ピルケースです。
色糸ヌビのを2つ、ポジャギのを1つ。
(3点ネットショップでもご覧になれます)
c0185092_141853.jpg

c0185092_14184328.jpg

c0185092_141926.jpg

c0185092_14192146.jpg

夜の作業は疲れますが、
集中力が高まるので
やめられませんね。
[PR]
by k-pojagi | 2015-05-26 14:21 | POJAGI工房 koe

6月27日開講 李京玉ポジャギ教室 募集状況

こんにちは。koeの李京玉です。
6月27日募集の入門クラス(ポジャギ)ですが、
(月1回 第4の土曜日)
午後13時~15時のクラスは満席となりました。

追加募集で
午前10時~12時のクラスを募集中です。
残席6名となります。

詳しくは下記のページをご覧ください。
http://korea-e.jp/class/koe85.html

c0185092_1134192.jpg

[PR]
by k-pojagi | 2015-05-25 11:03 | koeポジャギ教室

ジューンベリーを収穫

こんにちは。koeの李京玉です。
週末ジューンべりーを収穫しました。
(収穫というほどでもありませんが)
c0185092_11264420.jpg

もぎたてでフルーツソースを作りました。
ヨーグルトにかけていただきます。
c0185092_112729.jpg

[PR]
by k-pojagi | 2015-05-24 20:27 | POJAGI工房 koe

そら豆

こんにちは。koeの李京玉です。
生徒さんのTさんから
ご主人が作った朝どりのそら豆をいただきました。
c0185092_11152081.jpg

鞘の中をのぞいてみると
立派な粒ぞろい…
鞘の中はふかふか…
豆たち、気持ちよさそうです。
c0185092_11164737.jpg

塩ゆでして
美味しくいただきました。
きれいな緑色が
爽やかに食卓を彩ってくれました。
c0185092_1125146.jpg

[PR]
by k-pojagi | 2015-05-24 11:27 | POJAGI工房 koe

ジューンベリー

こんにちは。koeの李京玉です。
庭先のジューンベリーが赤くなり始めました。
毎日いろいろな鳥が来てついばみ、
アトリエの窓際が賑やかなこの頃です。
c0185092_11261021.jpg

[PR]
by k-pojagi | 2015-05-22 11:26 | POJAGI工房 koe

韓国食材

こんにちは。
koeの李京玉です。
韓国で買ってきた食材をご披露しましょう。

干し芋大好きの李なので、
まずは焼き芋の干し芋。
もっちりした歯ごたえがおいしいです。
c0185092_13163066.jpg

水あめ。
韓国では料理に砂糖の代わりに
水あめを使うことが多いです。
プルゴギなどお肉の料理にも
煮物にも炒め物にも、
水あめを使うことで
砂糖では出せない深い味わいになります。
いろいろな種類が出ていますが、
李の気に入りは
「お米のオリゴ糖」
おすすめです。
c0185092_1318023.jpg

エゴマの粉。
体が疲れたとき、
おかゆにしたり
(白がゆを作ってエゴマの粉を入れる)、
スープにしたり、
野菜のナムルに使ったり、
なくなると、さびしい食材の一つです。
c0185092_13304824.jpg

後、「ベンオポ」(日本ではたたみいわし?)。
しらすを薄く敷き、干したもので、
コチュジャン+水あめ+ごま油のたれを塗って焼くと
甘辛のおいしいおかずやおつまみになります。
c0185092_13241270.jpg

今韓国主婦の間で人気を集める海苔のブランド
「박향희」(パクヒャンヒ)さんの海苔のふりかけ。
E マートで買えます。
興味本位で買ってみましたが、
李の口には甘すぎるかも。
写真は「エビ入り青のり」と「ナッツ入りのり」です。
c0185092_13283727.jpg

[PR]
by k-pojagi | 2015-05-20 13:35 | POJAGI工房 koe

ポジャギツアー総集編③

3日目の朝です。
さわらの塩焼き。一匹分。
日本では切り身が多いので、
この一匹丸ごとが1人前ということに
みなさんびっくりのご様子。
c0185092_12465842.jpg

c0185092_12495217.jpg

刺繍博物館へ。
c0185092_12501191.jpg

トルコでの海外展示を終え、
帰国記念展として、ポジャギが展示されています。
ポジャギ展でラッキーでしたね。

刺繍博物館では年に数回
子供服・刺繍の屏風・ポジャギといった、
コレクションの中から企画展をします。
コレクションは刺繍が約2000点、
ポジャギが約1000点に上ります。

c0185092_12535377.jpg

c0185092_1254823.jpg

c0185092_1254196.jpg

いつも優しい笑顔で迎えてくださる
館長の許東華(ホ・ドンファ)先生。
御年90歳です。
c0185092_12543439.jpg

c0185092_12544953.jpg

c0185092_12561427.jpg

北村(ブックチョン)の韓屋村へ
c0185092_12595097.jpg

c0185092_1303422.jpg

c0185092_1304697.jpg

c0185092_131068.jpg

メドゥプ博物館で素敵な作品たくさん見つけましたね。
もともとは月曜お休みなんですが、
日本からせっかくいらっしゃるので…
との計らいで開けていただきました。
良かったですね~
その後、布市場でお買いもの、
空港へ。

みなさんが帰国した翌日、
見計らったようにソウルは雨でした。

今回のツアーの自称合言葉
「みっちり!!」
みっちり充実した旅行でした。
[PR]
by k-pojagi | 2015-05-20 13:08 | koe展示会/イベント

ポジャギツアー総集編②

2日目の朝ごはん「コンナムル クッパ」。
日本語表記の「や」と「ツ」の大きさが逆ですね^^
日本でもよく不思議な書き形・訳し方をしている
ハングル見かけますが、
どこも同じですね~
c0185092_125357.jpg

c0185092_1253763.jpg

これはオーナー自作のポエム。
屈託なく、すくすく伸びて
成長するもやしのたくましさ?を詩っています。
店内にも数編壁にかかっていましたよ。

韓国人はとてもロマンチストで、
ポエム(詩)をこよなく愛します。
恋愛の告白・プロポーズにも。
ソウルの地下鉄の内扉のガラス戸には
どこもアマチュア作のポエムが書いてありますし、
秋には詩集がよく売れます。
c0185092_9295961.jpg

雨が降ると雨を眺めながら、
一杯いかがですか、お茶でもしましょうのお誘い。
(日本では早くうちに帰りましょう。ですね)
日本に住んでいると
たまに懐かしくなる情緒です。

キムチのセルフサービスのコーナー。
全州ではイカをよく食べるので、
イカの塩辛もバイキング!
網えびの塩辛はスープに入れて
味を調えると、深い味わいになります。
c0185092_126616.jpg

食後、テスン韓紙村へ移動。
c0185092_9322879.jpg

c0185092_9314413.jpg

金恵美子先生と韓紙村スタッフと。
c0185092_933229.jpg

この木が韓紙の原料となる「楮の木」です。
3年目の木を使うそうです。
1年目の木の根っこからは
化粧品やせっけんのいい成分が取れるそうです。
c0185092_10134136.jpg

楮のせっけん。
c0185092_9424628.jpg

c0185092_94362.jpg

c0185092_9431945.jpg

c0185092_9433453.jpg

全州韓屋村ではこのようなマークをよく見かけます。
韓屋民宿ができる宿の印です。
c0185092_944463.jpg

「トキメキ成均館スキャンダル」のロケ地でもあった「全州郷校」
昔の学校です。
c0185092_9465617.jpg

c0185092_949236.jpg

c0185092_949373.jpg

c0185092_9495373.jpg

ちょうど16日~全州国際写真展が開催されていて、
写真の作品が設置されていました。
c0185092_950872.jpg

在来市場の「南部市場」のお魚屋さん。
日本では見れない貝類や魚がありました。
「エイ」もありましたね。
(発酵させて辛く和えたものは全州名物)
エゴマの油を買ったり(ソウルより全然安かったです)、
コーン茶を買ったりしました。
お店で絞ったエゴマの油は香りも格別です。
c0185092_9515186.jpg

朝鮮王朝を開いた太祖「李成桂」を祭った「慶基殿」。
韓国の名字には本貫というものがあり、
その名字の発祥地が付いています。
「李成桂」は「全州の李」、
ちなみに私の李は新羅の都「慶州の李」です。
大体の家庭には神話の時代から現在までを記録した
家系図、「族譜」があり、
本貫が同じ一族は固い団結力で結ばれています。
c0185092_1034471.jpg

午後は染色体験にご一緒しました。
c0185092_105440.jpg

c0185092_105171.jpg

c0185092_105311.jpg

ソウルに戻って最後の夜。
微炭酸の生マッコリとサムギョプサル、
おいしかったですね。
c0185092_109965.jpg

[PR]
by k-pojagi | 2015-05-19 12:25 | koe展示会/イベント