<   2015年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

菊池克さんの器

c0185092_12252249.jpg


こんにちは。
koeの李京玉(い きょんおく)です。
先日の岡山展でコラボレーションしていただいた
陶芸家菊池克さんの器です。
韓国の書案(文机)の形をしています。
小さな韓国の家を並べてみました。
陶芸をする方々にとって
韓国は特別な場所のようで、
色々教えていただきました。
(菊池克さんのサイトです。→http://www.tou-kasho.jp/index.html

韓国では古くから大きな寺では
お寺の中で使われる器のための
専用の窯を持っていて、
今でもその伝統を続けている
お寺があるということも
その時初めて知りました。

自分の国の伝統を
外国の方から教えていただくのは
少々恥ずかしい…

岡山展の後、
たまたま読んでいた韓国茶道の本に
その内容が載っていました。
常々毎日が勉強なんだなと思いました。

今日は空気もきりっと澄んでいて、
青い空もきれいで、
気持ちのいい一日の始まりです。
皆さんも良い一日をお過ごしくださいね!
[PR]
by k-pojagi | 2015-11-27 12:36 | POJAGI工房 koe

もう年末気分

こんにちは。
koeの李京玉(い きょんおく)です。
連休明けから少し冷えてきましたね。
冬生まれの李ですが、
寒いのは大の苦手…

もっと寒くなる前に
大掃除を…と思い、
キッチンの換気扇をお掃除しました。
1年分の油汚れ・ほこり…
結構溜まるものですね。

ついでにキッチン収納も片付け。
1年間出番がなかったものは処分。
エコバッグ的なもの
(生成りコットンのトートバッグのようなもの)が
結構な数ありました。
そのほとんどお買い物の際、もらったもの。
もらうときは正直うれしいのですが、
結局使ってない…
新年はちゃんと断る習慣をつけたいと思いました。

下駄箱→キッチンは掃除完了!
年末まで散らかさない、汚さないの
努力も必要ですね。
そうこうしているうち、
すっかり年末気分になりました。

c0185092_1353186.jpg

[PR]
by k-pojagi | 2015-11-25 13:53 | POJAGI工房 koe

「第5回ポジャギ工房koe 岡山・広島・徳島教室グループ展」 会場から

こんにちは。
koeの李京玉(い きょんおく)です。
昨日から始まった倉敷でのポジャギ展、
2日のみの開催なので、
今日は最終日です。
昨日はあいにくの雨でしたが、
お庭の紅葉が美しく映えて見えました。
倉敷という有数の観光地だけあって、
ご来場の方々も全国からで、
年齢層も様々。
ポジャギを鑑賞していただきました。
神戸アトリエの生徒さんも多数お見えになりましたね。
雨の中、ありがとうございました。

会場の様子をご紹介します。

c0185092_11561539.jpg

c0185092_11563263.jpg

c0185092_11564797.jpg

c0185092_1232674.jpg

c0185092_1157029.jpg

李の作品です。
c0185092_11572989.jpg

花瓶は昨年に引き続き、コラボレーションしていただいた
菊池克さんの作品。
アンティークのスボ(繍袱/刺繍のポジャギ)から
鶴の紋様を引用して制作されたそうです。
c0185092_1204576.jpg

縁側に菊池さんの作品が並んでいます。
c0185092_1211685.jpg

岡山教室のみんなさん、そして菊池克さんと。
c0185092_122835.jpg

c0185092_1223921.jpg

李の作品です。
c0185092_1222624.jpg


今日は雨は上がっているでしょうか。
最終日までご一緒できず、
申し訳ございませんが、
坂本先生をはじめ、皆様
どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by k-pojagi | 2015-11-15 12:03 | koe展示会/イベント

「第5回ポジャギ工房koe 岡山・広島・徳島教室グループ展」 明日から

岡山で5度目となる作品展を、
本年も倉敷で開催いたします。
2014年前回に続き、ポジャギと一緒に陶器もご覧いただき、
日本と韓国の文化のつながりを感じていただく企画にしました。
陶芸作家 菊池克さんの作品もご覧になれます。
また、今年は李京玉のワークショップもあります。
韓国伝統生地やポジャギの小物等もご用意して
皆さまをお待ちしています。


■ 会期-2015年11月14日(土)~15日(日)
      10:00~17:00 (最終日は15:00まで)

■ 会場-新渓園(倉敷美観地区・大原美術館敷地内)
      倉敷市中央1丁目1番20号 (TEL) 086-422-0338

■ポジャギワークショップ
日時:11月14日(土)14:00~15:30
定員:先着10名
製作作品:「ポジャギで作るピルケース(ジュエリーケースとしても)」
参加費:3952円(針糸付)
お持ちいただく物:へら、はさみ、待ち針

c0185092_1258834.jpg


■ お問い合わせ-ポジャギ工房koe岡山教室  坂本順子(090-2095-7926)

c0185092_12582334.jpg

[PR]
by k-pojagi | 2015-11-13 12:58 | koe展示会/イベント

秋のプチ模様替え

こんにちは。
koeの李京玉(い きょんおく)です。
キッチンをプチ模様替えしました。

前はシンクのまわりに長いキッチンマットを
2枚敷いて使っていましたが、
すべり止めをしてもなぜか少しずつずれる…
マットとマットの間にゴミがたまる…
との悩みが…

いろいろ考えた結果、
タイルカーペットを敷くことにしました。
このタイルカーペットが優れもので、
ちゃんと洗えるんです。
底にはちゃんとすべり止めもついています。
それにそれに好きなサイズにカッターで切れます~

作業時間40分。
キッチンの印象がからりっと変わりました。
色は落ち着いたみかん色?柿色です。
足元の冷え防止にもなりそうです。

c0185092_12463324.jpg

c0185092_12464991.jpg


でも水回りの汚れやすいところは
マットをその上に。
満足のいく出来栄えでした!
[PR]
by k-pojagi | 2015-11-13 12:52

エゴマの葉のしょうゆ漬け②

こんにちは。koeの李京玉(い きょんおく)です。
塩水に寝かせておいたエゴマの葉をヤンニョムにつけました。
手順を最初からおさらいしますと、

①エゴマの葉を洗います。
②水8に天日塩1に割合で塩水を作り、
沸騰させます。
③熱いままの塩水を重ねた葉の上にかけます。
④葉が浮かないようにお皿で押さえ、
冷やしたら冷蔵庫で4~5日ほど寝かします。
⑤葉を水でさっと洗い、真水に30分ほどつけます。
⑥手で押さえて水気を切ります。
⑦刻んだ玉ねぎ・しょうゆ・粉唐辛子・ごま・水あめを混ぜて
ヤンニョムを作ります。
※本当はこれに魚醤が入りますが、
なかったので、代わりに出しになればと、
李は麺つゆとしょうゆを半々にしました。
にんにくは控えました。
⑧5枚に一度くらいのペースでヤンニョムを塗り、重ねます。
⑨一晩冷蔵庫で寝かせたら食べごろ。
※エゴマの風味が苦手の方は電子レンジで軽くスチームすると
食べやすいですよ。李の実家では弟たちのため、母はいつもそうしていました。

c0185092_12275340.jpg

c0185092_12285423.jpg

c0185092_1229790.jpg

c0185092_12292782.jpg

白い器は明日から倉敷で開催されるポジャギ展にご一緒する
陶芸作家菊池克さんのものです。

魚醤の代わりに麺つゆを入れたので、
マイルドな味わいに仕上がりました。
塩水で寝かせているので、
葉もくせが取れて、食べやすくなります。
ご興味のある方はぜひ作ってみてくださいね。
[PR]
by k-pojagi | 2015-11-13 12:33 | POJAGI工房 koe

伝統と革新

こんにちは。
koeの李京玉(い きょんおく)です。
日本での上映をとても楽しみにしていた
韓国映画「尚衣院(サンイウォン)を見にいきました。
(尚衣院とは王室の衣服を作る部署)

尚衣院を取り仕切る御針長「ドルソク」は伝統と格式を重んじる人物、
それに相反する「ゴンジン」は刹那的な発想で衣装に革新をもたらし、
巷の注目を浴びる人物。
二人のデザイナーの対決を描いた内容です。

旧と新
伝統と革新
努力を重ねた凡人と刹那的な天才…

まるで映画「アマデウス」の
宮廷音楽家「サリエリ」と「モーツァルト」の対決構図を見るようでした。

至るところに喜劇的なシーンが過剰に入っていたり、
あの時代にこんなことはありえない…というような
突っ込みところ満載の部分もありましたが、

朝鮮時代の身分社会、
朝鮮を取り巻く清の国との外交関係、
宮中に生きる女性の生き様、
そして何よりの見どころは豪華絢爛な衣装の数々、

十分見応えのある作品でした。
ぜひ劇場に足を運んでご覧になってくださいね。

◆ハン・ソッギュさんの声は昔も今もやはり素敵です♡

c0185092_17583553.jpg


韓国の伝統衣装「韓服(ハンボック)」は
伝統衣装でありながら、流行があるのをご存知でしょうか。
着物の場合は生地や紋様は変わっても、
基本的なデザインは昔も今も変わらないのでは…
「韓服」はデザイン自体が時代によって変わっていくのです。

朝鮮時代にも上着の「チョゴリ」の丈の長さの変遷が見られるし、
現代でもチョゴリの丈・袖のふくらみ
結び紐の幅や長さ・襟やトンジョン(日本の半襟のような部分)の幅など、
10年を待たずに変化していくのです。

そのトレンドを牽引するのは「時代劇」。
この頃の時代劇は衣装を担当するデザイナーの趣向を
割とはっきり出すものが多く、
尚、人気のある作品にもなれば、
その影響は大きいようです。

「ゴンジン」のような人物は
朝鮮時代にもいたに違いないし、
現代にもいるのですね。

「上衣院」詳しくは、こちらまで

[PR]
by k-pojagi | 2015-11-10 17:58 | POJAGI工房 koe

「日韓伝統音楽祭50」

こんにちは。
koeの李京玉(い きょんおく)です。
日韓国交正常化50周年記念の音楽祭として
「日韓伝統音楽祭50~50周年・50歳未満の50人」
の公演が11月21日 横浜みなとみらいホールにて開催されます。

…伝統音楽を原点として、
幅広い音楽活動を展開する
韓国と日本の50人を一堂に集めて…
          ~パンフレットより~

きっと見応え、聞き応えのある公演になるかと思います。
ご興味のある方はぜひ足を運んでください。

「日韓伝統音楽祭50~50周年・50歳未満の50人」
詳しくは、こちらまで

c0185092_17154639.jpg

[PR]
by k-pojagi | 2015-11-10 17:17 | POJAGI工房 koe

打ち上げ会

こんにちは。
koeの李京玉(い きょんおく)です。
展示会の打ち上げ会が8日ありました。
展示会が終わって1週間しか経っていないのに、
もう懐かしい気持ちになりました。
普段あまりお会いできないカルチャースクールの生徒さんとも
いろいろお話ができたり、楽しい時間を過ごさせていただきました。
次の会もみんなで作り上げたいですね。
またどうぞよろしくお願いいたします!

c0185092_16511240.jpg

[PR]
by k-pojagi | 2015-11-10 16:54 | POJAGI工房 koe

エゴマの葉のしょうゆ漬け①

こんにちは。
koeの李京玉(い きょんおく)です。
展示会期間中食事でよく行っていた
四谷の妻家房(韓国家庭料理のお店)さんでいただいた
エゴマの葉のしょうゆ漬けがおいしくて、
エゴマの葉を取り寄せました。

昨夜はその下ごしらえをしました。
葉を一枚ずつよく洗い、
水を切ったら、
水8に塩1の割合の塩水を沸騰させ、
重ねたエゴマの葉に注いで、
葉が浮かないようにお皿で押さえ、
冷えたら冷蔵庫に4~5日寝かせます。

ヤンニョムを入れるのは1週間後になります。
おいしくな~れ、おいしくな~れ…
楽しみです~
その後の作り方、またご紹介しますね。

c0185092_15485810.jpg

c0185092_1549838.jpg

[PR]
by k-pojagi | 2015-11-07 15:49 | POJAGI工房 koe