<   2016年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ホオズキの刺繍①

こんにちは。
koeの李京玉(い・きょんおく)です。
梅雨もすっかり明けて
本格的な夏到来ですね。
今日は夏らしい刺繍をご紹介します。

ただいま目下製作中の「草虫図」の中の1枚
「ホオズキ」です。
昨日植物の部分が完成しました。

c0185092_1253068.jpg

c0185092_12133445.jpg


トンボは今回は赤とんぼです。
もう少ししたら、秋…
と予感させるモチーフですね。
草花の木陰にいるコオロギもそうですね。
きっと草花の木陰には
もう季節の移ろいが始まっていて
涼やかな空気が流れていることでしょう。
全体が完成したらまたお見せしますね。

皆さん今日もさわやかな一日をお過ごしください~
[PR]
by k-pojagi | 2016-07-20 12:12 | POJAGI工房 koe

ソルロンタンのおいしいお店

こんにちは。
koeの李京玉(い・きょんおく)です。
今日はソウルのおいしいお店をご紹介します。
仁寺洞の近くにある
(日本文化院の斜め向かい)
「マンスオク(만수옥 萬寿屋)です。
1969年から설농탕(ソルロンタン)一筋、
地元の人に人気のお店です。
c0185092_1136460.jpg

설농탕(ソルロンタン)は牛肉と牛骨を煮込んだスープ。
ほかに煮込みスープには
コムタン
カルビタン
トガニタン
サムケタン…

タンというのは漢字書くと「湯」の字。
李はこのような煮込みスープが大好きで、
韓国に行くと欠かさずいただきます。
出てくる、どのタンも
味付けは一切していません。
テーブルに置いてある塩やコショウで、
自分好みの味付けにできるのが
何よりもうれしいです。
このようなスープ料理をいただくと、
体にすごくいいものをいただくような満足感もあります。
滋養の食品でもあるんですね。

日本ではなかなか出会えない
シンプルなスープ料理。

豚骨のスープはあるけれど、
ラーメンになるとしっかりとした味付けになりますね。
飲み干す勇気はなかなか出ません。

マンスオクのソルロンタンは
強火で炊き上げるのはコツのようで、
まったく臭みがなく、
澄んだ味わいです。
c0185092_1145192.jpg

お店を開いた初代です。
いつもカウンターに座っていらっしゃい、
なんと老眼鏡もかけず、
新聞を読んでいらっしゃいます。
c0185092_11463119.jpg

仁寺洞のメイン通りから少し離れますが、
徒歩10分ほど、
目安は日本文化院の斜め向かいです。
ソウルに行った時には
ぜひお試しください。
[PR]
by k-pojagi | 2016-07-09 11:48 | POJAGI工房 koe

りんごの切り方

こんにちは。
koeの李京玉(い・きょんおく)です。
この頃なぜかふじりんごがとてもおいしく、
よく食べています。

今日はりんごの切り方をご紹介します。
だいぶ前のテレビで
フルーツ博士といったような方が
紹介していたおすすめの切り方です。
りんごを縦に切るのではなく、
横に切ります。
大体4等分くらい…
(両端はごく薄くカットしてください)
c0185092_1884978.jpg

そうすると、皮も剥きやすくなりますし。
円盤の形で食べますが、
芯の部分も無駄がない食べ方ができます。
ぜひお試しください~
[PR]
by k-pojagi | 2016-07-06 18:11 | POJAGI工房 koe

桔梗の花の刺繍

こんにちは。
koeの李京玉(い・きょんおく)です。
刺繍4枚目、桔梗の花と〇〇花です。
隣のメインの花は
韓国語では「オソンイ」といいますが、
日本語では不明で、
〇〇花と…

c0185092_18215110.jpg

c0185092_1822913.jpg

お花のほかに
トンボ・蝶・カエル・バッタがいます。
c0185092_18233652.jpg

トンボの羽は細い糸を使って軽やかに
c0185092_18241532.jpg

バッタ君もかわいくできました。
c0185092_18245211.jpg

カエルは水搔きまでちゃんと刺繍しています。

先日のヤモリもそうでしたが、
どの登場物にも愛着がわきます。

ただいま刺繍している5枚目は、
ホオズキと赤とんぼ、
野菊のような小さな花がいっぱいの一枚。

またご紹介しますね。
[PR]
by k-pojagi | 2016-07-02 18:28 | POJAGI工房 koe