<   2017年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

秋の味覚

こんにちは。
koeの李京玉(い・きょんおく)です。
今日は秋の味覚をご紹介します。
まずは日本の…
新米と新栗をいただいたので
栗ご飯を作りました。

c0185092_09383926.jpg

つやつやもちもちの新米ご飯は
おかずなど要らないおいしさです。
現に昨日のうちのおかずは
卵焼きと海苔と2種類のキノコの具たくさんお味噌汁のみ…
(狙ったわけではないけれど、
しばらくの留守の間に冷蔵庫が空っぽでした)

もう一つは韓国から…
先日韓国に行ってきました。
もうすぐ「チュソク(秋夕)」なので、
市場は何となくいつもよりにぎやかな雰囲気でした。
この季節出回り始めるのが「生のなつめ」

c0185092_09381701.jpg

c0185092_09375387.jpg


籠いっぱいで2000ウォン(200円位)。
ほんのり甘い季節の味です。





[PR]
by k-pojagi | 2017-09-29 09:40 | POJAGI工房 koe

李京玉と巡る韓国済州満喫の旅

こんにちは。
koeの李京玉(い・きょんおく)です。
今年も恒例の韓国ツアーを開催いたします。
行先は「済州島(チェジュド)」。
済州島は韓国の最南端に位置する火山島で、韓国最大の島でもあります

四季にわたってどの季節も魅力あふれる地ですが、
晩秋済州の旅ご一緒いかがでしょうか。

やはりメインはポジャギ&布!
今回はポジャギ作家「李賢淑(イ・ヒョンスク)先生」の済州工房にて
「カンルン・ジュモニ」(伝統的な巾着袋)のワークショップ、
そして済州名産柿渋布の工房「モンセンイ」にて、
柿渋染めの体験をご用意しています。

ツアーの詳細は次のページへ…
予約開始は9月19日(火)12:00からです。
(お早めに^^)

お勉強の旅、食の旅、絶景を満喫する旅…
ご参加お待ちしております。


c0185092_09400528.jpg

c0185092_09392324.jpg

c0185092_09402901.jpg







[PR]
by k-pojagi | 2017-09-23 09:18 | koe展示会/イベント

タルト

こんにちは。
koeの李京玉(い・きょんおく)です。
主人の実家からのかぼちゃは
なが~い形のすくなかぼちゃです。
とてもホクホクで甘くておいしいです。
家庭菜園から採れたもの~
おいしいに決まっています^^

そのかぼちゃを使ってタルトを作りました。
スイーツ作りとは縁遠い李の
初めてのタルトです。

c0185092_23293427.jpg

レシピはこの本を参考にしました。

c0185092_23295448.jpg
タルトの型がなくてもつくれる、タルトの本です。
ですが、我が家にはなぜか型があるのです…
その理由はずっと前から作ってみたかったからです。

数年前パリで食べたチェリータルトがすごくおいしくて、
あまり甘党ではない李でも、
「あ、タルトっておいしいなあ」と思い、
作ってみようと型は買ってあったんですよね^^

アトリエを訪ねてくださった
名古屋の元生徒さんの方々と一緒にいただきました。
初めてとしてはまあまあの出来だったかな?と

今度は甘くない「サレ」の方を作ってみようと思います。










[PR]
by k-pojagi | 2017-09-20 23:44 | POJAGI工房 koe

なつめの実が…

こんにちは。
koeの李京玉(い・きょんおく)です。
台風も去っていき、今日は良い天気でした。
皆さんのお住まいのところは台風の影響大丈夫でしたでしょうか。

強風で3個実っていたなつめの実が
1個は落果、もう1個は行方不明に…
残り1個になりました。

実が少ない分、
とても大きく立派だったのに…
青いなつめの味は
「青りんご」のまだ少し青いときの味がします。
ちゃんと味わっていただきました。
1個は赤くなるまで無事実りますように…

c0185092_18480971.jpg

c0185092_18482516.jpg

c0185092_18483628.jpg




[PR]
by k-pojagi | 2017-09-18 18:54 | POJAGI工房 koe

李賢静さんの料理レッスン

こんにちは。
koeの李京玉(い・きょんおく)です。
9月18日べジカフェ「グリーンフィールド」(神戸岡本)で
李賢静さんによる
韓国料理レッスンがあります。

「韓国料理は野菜とスープ!」
夏の疲れをおいしい野菜料理とスープで癒してくださいね。
詳しくはこちら

https://ja-jp.facebook.com/okamoto.greenfield.come.on/


c0185092_17584345.jpg

[PR]
by k-pojagi | 2017-09-11 18:05 | POJAGI工房 koe

民団新聞のポジャギ・韓国刺繍の記事

こんにちは。
koeの李京玉(い・きょんおく)です。
先月8月15日民団新聞 光復節記念号に
李京玉の原稿が掲載されました。

※光復節とは独立記念日のこと。
※民団とは正式には「在日本大韓民国民団」といい、
日本に定住している韓国人による団体です。

ポジャギ・韓国刺繍に関する原稿を依頼され、
下手ながら自分の言葉で書いた内容です。
日本語でも韓国語でも文章を書くのは
とても難しい作業です。
手に入る方はぜひ読んでみてくださいね。


c0185092_11414621.jpg






[PR]
by k-pojagi | 2017-09-08 11:44 | POJAGI工房 koe

TED ブータンのトブゲ首相編

こんにちは。
koeの李京玉(い・きょんおく)です。
先日記事に書いた
TEDにトブゲ首相が出演した時の映像
こちらのページでご覧になれます。
なかなか好印象なスピーチですよ。

c0185092_19051968.jpg





[PR]
by k-pojagi | 2017-09-06 19:08 | POJAGI工房 koe

ブリューゲル「バベルの塔」展

こんにちは。
koeの李京玉(い・きょんおく)です。。
「ブリューゲルのバベルの塔」展に行ってきました。
朝一ゆっくりまわろうと思いきや
開館前から長蛇の列…

c0185092_11323344.jpg

c0185092_11324905.jpg
会場はブリューゲルの作品以外にも
同時代の宗教画・彫刻・油彩画・版画なども
多数展示されていて時代をイメージしやすく、
個人的にはハングルの解説文が添えてあったので、
とても親切な会場でした。
(カタカナが多い文章は読むのに時間がかかります)

注目の「バベルの塔」は
サイズが思ったよりもかなり小さくて驚き…
それでいて緻密に書かれた人物・風景の目の当たりにしていると
迫力の一言では言い表せないものがありました。
あ、見に来てよかった!としみじみ思いました。
図録などでは伝わらない感覚です。

米粒に文字を書くような…という表現がありますが、
塔の中の人物は3㎜ほどだそうで、
それにもかかわらずちゃんと描いている。
いくら拡大しても衰えて見えません。

一体いくつの時に描いた絵なのだろう…
(老眼で日々不便を感じているこの頃なので、思わず気になる…)
調べたところ、
ブリューゲルは1525~1530年頃生まれたとされていて、
この絵は1563年制作。
なので、33歳~38歳の時の作品になります。
(納得、納得!)

10月15日まで国立国際美術館(大阪・中之島)で開催中です。





[PR]
by k-pojagi | 2017-09-06 12:10 | POJAGI工房 koe

ブータンの伝統衣装

こんにちは。
koeの李京玉(い・きょんおく)です。
ブータンの民族衣装をご紹介します。
まずは女性の衣装「キラ」。

伝統的なキラは2枚の布を両肩のところで結んだ
ワンピースのようなスタイルですが、
今のは改良版といいますでしょうか、
スカートと上着のスタイルが主流のようです。

ブータンに着いて初日早速「キラ」を購入しました。
機械織のものは1800ニュルタム (3300円位)でお手頃。
旅の思い出に2日目は「キラ」で出かけました。

c0185092_17123074.jpg

ホテルのスタッフと一緒に。
一人見ごろの合わせが逆な子がいますね^^

タイトに見えるスカートですが、
中にタックがあるので、
意外と快適で動きやすかったです。

c0185092_17151711.jpg

お寺に参る少女たち。

c0185092_17193672.jpg
c0185092_17212807.jpg

ブータンは美しい織物でも有名ですよね。
織物工房を訪ねました。
数多くの色糸を使い分けながら、
細かい模様を織り上げていきます。
根気と集中力の要る作業ですね。

手織りのキラはとても高額で、
それを着るのは年に1度の
大きなお祭りの時くらいだけだそうです。
普段着は機械織りです。


c0185092_17305919.jpg

男性の伝統衣装「ゴ」は
日本の着物によく似ています。

c0185092_17314799.jpg

c0185092_17330228.jpg

余った見ごろは後ろに回し、
ベルトで止めます。
前身ごろの中は大きなポケット。
携帯電話や手帳、ハンカチ…
大体のものを中に入れます。
ガイドさん曰く
「世界で一番大きなポケットだよ」と

「TED」にブータンの首相が出たとき、
前身ごろの中に子供を入れている写真を
プレゼンテーションに使っていたのを
見たことがあります。

※TED トブゲ首相編 こちらで見られます。

民族衣装を普段着として着ている
ブータンの人々。
この頃はルールもゆるくなりつつあるようでしたが、
観光客目線からはとても素敵な風景でした。

その国の伝統衣装で旅をする…
キラでお寺に行ったとき
お坊さんにとても似合っていると
褒められたのもいい思い出です。




























[PR]
by k-pojagi | 2017-09-05 17:17 | POJAGI工房 koe