「単色のリズム 韓国の抽象」展

単色のリズム 韓国の抽象
Rhythm in Monochrome | Korean Abstract Painting

東京オペラシティ アートギャラリー
2017年10月14日[土]より12月24日[日]まで


c0185092_21072571.png
東京オペラシティ アートギャラリー紹介ページより

韓国の抽象絵画は、欧米の同時代美術を受容する過程で東洋的な精神性をたたえた韓国固有の表現として確立し、ことに1970年代に生まれた「単色画(ダンセッファ)」は、極限までそぎ落とされたミニマルな美しさと繊細な息づかいを特徴として豊かな発展をみせました。この動向を担った作家たちは、本国の韓国と並んで日本でもさかんに紹介され、70年代から90年代にかけて両国アートシーンの活発な交流をもたらしました。その後、2015年にヴェネチアで単色画の大規模な展覧会が開催されたことなどがきっかけとなり、急速に再評価が進んでいます。
近年、世界的なブームといえるほどの注目を集める韓国の抽象ですが、当館では寺田コレクションの中核のひとつとして1999年の開館当初から収蔵しており、国内でも有数のまとまったコレクションとなっています。本展は、韓国の単色画とそれを受け継ぐ世代を、当館コレクションとともに全国の美術館や所蔵家の協力を得て総合的に展覧するものです。欧米文化の受容から韓国独自のアイデンティティを探求するなかで獲得された、静謐さと洗練をあわせ持つ作品からは、表現とはなにか、というシンプルで奥深い問いが投げかけられているようです。単色の画面に静かに響く呼吸は、私たちの感覚を研ぎ澄まさせ、豊かな視覚体験へと誘ってくれるでしょう。


c0185092_21074603.jpg

c0185092_21080022.jpg

c0185092_21081176.jpg












[PR]
# by k-pojagi | 2017-10-10 21:15 | POJAGI工房 koe

チュソク(秋夕)

こんにちは。
koeの李京玉(い・きょんおく)です。
昨日は中秋節。
韓国ではチュソク(秋夕)といいます。

c0185092_12471566.jpg

家族が集まってお墓参り・祭祀をします。
韓国はただいまチュソクをはさんで
10連休中…(長い!!)

昨夜のまん丸いお月様はとても明るく、
いいお月見ができました。
(皆さんも見られましたか?)

ところで10月1日から
フェイスブックとインスタグラムを始めました。
まだまだ慣れていなくて、
毎回え!え!といった感じですが、
昨日散歩中撮った満月の写真
(小さく映っています。難しい…)
よかったら見てくださいね。








[PR]
# by k-pojagi | 2017-10-05 12:53 | POJAGI工房 koe

タルト第2弾

こんにちは。
koeの李京玉(い・きょんおく)です。
先日ご紹介しましたタルト、
今度は1枚分の材料で2枚作ってみました。

c0185092_13271921.jpg

生地をなるべく薄くして、
かぼちゃも薄切り…
溶かしバターをもかけないで焼いてみました。
かぼちゃのカリカリとした食感と
あっさり軽い風味…
ちょうどいい感じでした。
2枚食べても1枚分というのもいいですね。

c0185092_13273162.jpg





[PR]
# by k-pojagi | 2017-10-03 13:28 | POJAGI工房 koe

秋の味覚

こんにちは。
koeの李京玉(い・きょんおく)です。
今日は秋の味覚をご紹介します。
まずは日本の…
新米と新栗をいただいたので
栗ご飯を作りました。

c0185092_09383926.jpg

つやつやもちもちの新米ご飯は
おかずなど要らないおいしさです。
現に昨日のうちのおかずは
卵焼きと海苔と2種類のキノコの具たくさんお味噌汁のみ…
(狙ったわけではないけれど、
しばらくの留守の間に冷蔵庫が空っぽでした)

もう一つは韓国から…
先日韓国に行ってきました。
もうすぐ「チュソク(秋夕)」なので、
市場は何となくいつもよりにぎやかな雰囲気でした。
この季節出回り始めるのが「生のなつめ」

c0185092_09381701.jpg

c0185092_09375387.jpg


籠いっぱいで2000ウォン(200円位)。
ほんのり甘い季節の味です。





[PR]
# by k-pojagi | 2017-09-29 09:40 | POJAGI工房 koe

李京玉と巡る韓国済州満喫の旅

こんにちは。
koeの李京玉(い・きょんおく)です。
今年も恒例の韓国ツアーを開催いたします。
行先は「済州島(チェジュド)」。
済州島は韓国の最南端に位置する火山島で、韓国最大の島でもあります

四季にわたってどの季節も魅力あふれる地ですが、
晩秋済州の旅ご一緒いかがでしょうか。

やはりメインはポジャギ&布!
今回はポジャギ作家「李賢淑(イ・ヒョンスク)先生」の済州工房にて
「カンルン・ジュモニ」(伝統的な巾着袋)のワークショップ、
そして済州名産柿渋布の工房「モンセンイ」にて、
柿渋染めの体験をご用意しています。

ツアーの詳細は次のページへ…
予約開始は9月19日(火)12:00からです。
(お早めに^^)

お勉強の旅、食の旅、絶景を満喫する旅…
ご参加お待ちしております。


c0185092_09400528.jpg

c0185092_09392324.jpg

c0185092_09402901.jpg







[PR]
# by k-pojagi | 2017-09-23 09:18 | koe展示会/イベント

タルト

こんにちは。
koeの李京玉(い・きょんおく)です。
主人の実家からのかぼちゃは
なが~い形のすくなかぼちゃです。
とてもホクホクで甘くておいしいです。
家庭菜園から採れたもの~
おいしいに決まっています^^

そのかぼちゃを使ってタルトを作りました。
スイーツ作りとは縁遠い李の
初めてのタルトです。

c0185092_23293427.jpg

レシピはこの本を参考にしました。

c0185092_23295448.jpg
タルトの型がなくてもつくれる、タルトの本です。
ですが、我が家にはなぜか型があるのです…
その理由はずっと前から作ってみたかったからです。

数年前パリで食べたチェリータルトがすごくおいしくて、
あまり甘党ではない李でも、
「あ、タルトっておいしいなあ」と思い、
作ってみようと型は買ってあったんですよね^^

アトリエを訪ねてくださった
名古屋の元生徒さんの方々と一緒にいただきました。
初めてとしてはまあまあの出来だったかな?と

今度は甘くない「サレ」の方を作ってみようと思います。










[PR]
# by k-pojagi | 2017-09-20 23:44 | POJAGI工房 koe

なつめの実が…

こんにちは。
koeの李京玉(い・きょんおく)です。
台風も去っていき、今日は良い天気でした。
皆さんのお住まいのところは台風の影響大丈夫でしたでしょうか。

強風で3個実っていたなつめの実が
1個は落果、もう1個は行方不明に…
残り1個になりました。

実が少ない分、
とても大きく立派だったのに…
青いなつめの味は
「青りんご」のまだ少し青いときの味がします。
ちゃんと味わっていただきました。
1個は赤くなるまで無事実りますように…

c0185092_18480971.jpg

c0185092_18482516.jpg

c0185092_18483628.jpg




[PR]
# by k-pojagi | 2017-09-18 18:54 | POJAGI工房 koe

李賢静さんの料理レッスン

こんにちは。
koeの李京玉(い・きょんおく)です。
9月18日べジカフェ「グリーンフィールド」(神戸岡本)で
李賢静さんによる
韓国料理レッスンがあります。

「韓国料理は野菜とスープ!」
夏の疲れをおいしい野菜料理とスープで癒してくださいね。
詳しくはこちら

https://ja-jp.facebook.com/okamoto.greenfield.come.on/


c0185092_17584345.jpg

[PR]
# by k-pojagi | 2017-09-11 18:05 | POJAGI工房 koe

民団新聞のポジャギ・韓国刺繍の記事

こんにちは。
koeの李京玉(い・きょんおく)です。
先月8月15日民団新聞 光復節記念号に
李京玉の原稿が掲載されました。

※光復節とは独立記念日のこと。
※民団とは正式には「在日本大韓民国民団」といい、
日本に定住している韓国人による団体です。

ポジャギ・韓国刺繍に関する原稿を依頼され、
下手ながら自分の言葉で書いた内容です。
日本語でも韓国語でも文章を書くのは
とても難しい作業です。
手に入る方はぜひ読んでみてくださいね。


c0185092_11414621.jpg






[PR]
# by k-pojagi | 2017-09-08 11:44 | POJAGI工房 koe

TED ブータンのトブゲ首相編

こんにちは。
koeの李京玉(い・きょんおく)です。
先日記事に書いた
TEDにトブゲ首相が出演した時の映像
こちらのページでご覧になれます。
なかなか好印象なスピーチですよ。

c0185092_19051968.jpg





[PR]
# by k-pojagi | 2017-09-06 19:08 | POJAGI工房 koe

ブリューゲル「バベルの塔」展

こんにちは。
koeの李京玉(い・きょんおく)です。。
「ブリューゲルのバベルの塔」展に行ってきました。
朝一ゆっくりまわろうと思いきや
開館前から長蛇の列…

c0185092_11323344.jpg

c0185092_11324905.jpg
会場はブリューゲルの作品以外にも
同時代の宗教画・彫刻・油彩画・版画なども
多数展示されていて時代をイメージしやすく、
個人的にはハングルの解説文が添えてあったので、
とても親切な会場でした。
(カタカナが多い文章は読むのに時間がかかります)

注目の「バベルの塔」は
サイズが思ったよりもかなり小さくて驚き…
それでいて緻密に書かれた人物・風景の目の当たりにしていると
迫力の一言では言い表せないものがありました。
あ、見に来てよかった!としみじみ思いました。
図録などでは伝わらない感覚です。

米粒に文字を書くような…という表現がありますが、
塔の中の人物は3㎜ほどだそうで、
それにもかかわらずちゃんと描いている。
いくら拡大しても衰えて見えません。

一体いくつの時に描いた絵なのだろう…
(老眼で日々不便を感じているこの頃なので、思わず気になる…)
調べたところ、
ブリューゲルは1525~1530年頃生まれたとされていて、
この絵は1563年制作。
なので、33歳~38歳の時の作品になります。
(納得、納得!)

10月15日まで国立国際美術館(大阪・中之島)で開催中です。





[PR]
# by k-pojagi | 2017-09-06 12:10 | POJAGI工房 koe

ブータンの伝統衣装

こんにちは。
koeの李京玉(い・きょんおく)です。
ブータンの民族衣装をご紹介します。
まずは女性の衣装「キラ」。

伝統的なキラは2枚の布を両肩のところで結んだ
ワンピースのようなスタイルですが、
今のは改良版といいますでしょうか、
スカートと上着のスタイルが主流のようです。

ブータンに着いて初日早速「キラ」を購入しました。
機械織のものは1800ニュルタム (3300円位)でお手頃。
旅の思い出に2日目は「キラ」で出かけました。

c0185092_17123074.jpg

ホテルのスタッフと一緒に。
一人見ごろの合わせが逆な子がいますね^^

タイトに見えるスカートですが、
中にタックがあるので、
意外と快適で動きやすかったです。

c0185092_17151711.jpg

お寺に参る少女たち。

c0185092_17193672.jpg
c0185092_17212807.jpg

ブータンは美しい織物でも有名ですよね。
織物工房を訪ねました。
数多くの色糸を使い分けながら、
細かい模様を織り上げていきます。
根気と集中力の要る作業ですね。

手織りのキラはとても高額で、
それを着るのは年に1度の
大きなお祭りの時くらいだけだそうです。
普段着は機械織りです。


c0185092_17305919.jpg

男性の伝統衣装「ゴ」は
日本の着物によく似ています。

c0185092_17314799.jpg

c0185092_17330228.jpg

余った見ごろは後ろに回し、
ベルトで止めます。
前身ごろの中は大きなポケット。
携帯電話や手帳、ハンカチ…
大体のものを中に入れます。
ガイドさん曰く
「世界で一番大きなポケットだよ」と

「TED」にブータンの首相が出たとき、
前身ごろの中に子供を入れている写真を
プレゼンテーションに使っていたのを
見たことがあります。

※TED トブゲ首相編 こちらで見られます。

民族衣装を普段着として着ている
ブータンの人々。
この頃はルールもゆるくなりつつあるようでしたが、
観光客目線からはとても素敵な風景でした。

その国の伝統衣装で旅をする…
キラでお寺に行ったとき
お坊さんにとても似合っていると
褒められたのもいい思い出です。




























[PR]
# by k-pojagi | 2017-09-05 17:17 | POJAGI工房 koe

ブータンの犬

こんにちは。
koeの李京玉(い・きょんおく)です。
今日はブータンの犬のお話です。
ブータンに着いてとても驚いたのが
野良犬がすごくすごく多いこと。
街中どこに目をやっても大体3匹以上は視野に入ります。

c0185092_14003389.jpg

仏教国のブータンでは殺処分がなく、
お店の人とか住民たちが餌もやるので、
野良犬といってもお顔はまるで飼い犬のように穏やかです。
日中は食べているとき以外は
所かまわずずっと寝ていて、
(↓大体このスタイル…)

c0185092_14014139.jpg

c0185092_14015970.jpg

夜は起きて、あちこちでやや野性的な声で吠えます。

ここは首都ティンプーの一番にぎやかな交差点。
テレビなどでもよく紹介される、
ブータンで唯一の信号機の前です。
(交通警察による手信号です)

c0185092_14242260.jpg
c0185092_14004720.jpg

大胆にも道路にまではみ出て
すやすや寝ている犬たち…
大丈夫かな…と心配になりますが、
クラクションを鳴らす車もなく、
犬たちを避けて通っています…

不思議と街で目にする犬は
みんな成犬ばかり…
子犬は一度も見たことがありません。
ガイドさんに聞いたら
「いるときはいるよ」
とのことでしたが、
いや…6日間一度も見たことがないぞ!…
不思議…

ちなみに猫はあまりなく
滞在中お寺で一度会いました。
親子のようです。

c0185092_14012476.jpg

野良犬たち、最初は少し怖かったですが、
慣れてくると近づくこともできました。

c0185092_14045957.jpg

何の心配事もなく、
のんびりした日々を送っている犬たち。
ブータンで一番幸せなのは犬かも…








[PR]
# by k-pojagi | 2017-08-31 14:12 | POJAGI工房 koe

学生時代の友達

こんにちは。
koeの李京玉(い・きょんおく)です。
週末をはさんで学生時代の友達が
神戸に遊びに来てくれました。
同じ高校・高校3年生の時は半年間の学内の寮生活も一緒、
同じ大学の同じ学科(日文)、同じサークル(囲碁)…
だった友達でしたが、
彼女は卒業間もなく結婚し、ドイツへ
李は日本へ留学…
それから消息が途絶えていましたが、
ここ数年のSNSの普及で連絡が取れるように…
(便利な時代になりましたね)
彼女は今はミュンヘンに住んでいます。

c0185092_14544946.jpeg
明石大橋までナイトクルージング。




c0185092_14550774.jpeg
建仁寺。
c0185092_14535718.jpeg
建仁寺。現代作家の青の襖絵
c0185092_14563315.jpeg
京都錦市場。漬物のスタンドバー。
c0185092_15091602.jpg
民画の李恵賢先生も合流。
c0185092_14553178.jpeg
布引ハーブ園。
今度はドイツで会えたらいいなあ~














[PR]
# by k-pojagi | 2017-08-30 14:52 | POJAGI工房 koe

定番の夏ご飯②

こんにちは。
koeの李京玉(い・きょんおく)です。
夏ご飯、今日は「サムゲタン」です。
(レトルトなので、温めただけ)

高麗人参・なつめ・栗もちゃんと入っています。
猛暑で疲れた体にいい滋養になります。
日本では夏はウナギですよね。
韓国では夏はサムゲタンです~

c0185092_07511354.jpg

先日韓国のあるフードコラムニストの話で、
妙に納得したことがあります。
サムゲタン用によく使われるは
一人前の土鍋にすっぽり入るサイズの
とてもとても若い鶏(というか幼い鶏)ですが、
これは1羽・一人前・土鍋に入るサイズということで
決まってしまったらしく、
幼すぎる程の若どりは
まだ鶏肉としての風味が足りないとのこと。

…李はずっと前から思っていました。
ほろほろととれる肉の柔らかさは絶妙ですが。
果たして肉としてはおいしいのか?と。

母が作ってくれるサムゲタンは普通のサイズの鶏で
家族みんなで分けて食べます。
それがとてもおいしかったような…
レトルトでもとても幼い鶏を使っていて、
上記の意味では何かが足りない…でした。

今度おいしい地鶏で程よい若どりを取り寄せて
大きな鍋で母のサムゲタンを再現してみようと思います。








[PR]
# by k-pojagi | 2017-08-25 07:53 | POJAGI工房 koe

定番の夏ご飯①

こんにちは。
koeの李京玉(い・きょんおく)です。
今日は韓国の定番夏ご飯を一つご紹介します。
名前は「ヨルム キムチ ビビンバ(열무김치 비빔밥)」

ヨルムとは間引き大根のことで、
まだ柔らかくてみずみずしい茎や葉の部分を使った
水キムチを「ヨルムキムチ」といいます。
夏の時期しか楽しめない
季節感たっぷりののキムチです。

ヨルム キムチを食べやすいように
ざっくり刻んで、ご飯の上に乗せます。
そしてコチュジャンとゴマとゴマ油をかけて、
混ぜ混ぜ…

c0185092_13253336.jpg
食欲もなく、何か作る意欲もないとき
ぴったりの夏ご飯です。

週末をはさんで
姪っ子たちが神戸に遊びに来ていて、
みんなを送り出してから…
のお昼ごはんにいただきました。

子供たちでにぎやかだったひと時と
みんなが帰ってからの静けさ。
気が抜けたようにボーっとしていたら、
急に食べたくなって…^^

ちなみにキムチは大久保の韓国市場というショップから
オンラインで頼んでいます。
メーカさんはどのキムチも「宗家キムチ」(直輸入品)を選びます。
本場の味でおいしいですよ。
写真はこちら
c0185092_13284802.jpg











韓国料理がお好きな方は
ぜひお試しください。










[PR]
# by k-pojagi | 2017-08-23 13:18 | POJAGI工房 koe

第6回 ポジャギ工房koe 岡山・広島教室グループ展を終えて

こんにちは。
koeの李京玉(い・きょんおく)です。
岡山展に行ってきました。
倉敷に行くたびに
街角を曲がると正面に現れる大原美術館、
その前の風情たっぷりの川辺の風景に
とても感動します。

c0185092_12572881.jpg

c0185092_12580016.jpg
会場では岡山・広島・徳島の生徒さんと
作品を囲んでたくさんのお話ができて
とても楽しかったです。

所用のため初日に参ることができなかった分、
今回は終了後の搬出にも参加しました。
片づけは約40分ほどで完了…
飾りつけの大変さに比べて、
搬出の時のあっけないほどの早さに
いつも寂しさを感じてしまいます。

展示を企画し、実行するまでは
多くの方々のご協力が必要です。
展示にかかわった皆さん、
本当にお疲れさまでした。

次回は2019年とのこと。
また楽しみにしています。
(2018年京都展でご一緒できることも
楽しみにしています~)


c0185092_13072407.jpg
c0185092_13073941.jpg











[PR]
# by k-pojagi | 2017-08-23 12:57 | koe展示会/イベント

第6回 ポジャギ工房koe 岡山・広島教室グループ展 開催中

こんにちは。
koeの李京玉(い・きょんおく)です。
岡山で6度目となる作品展を
本年も倉敷で開催中です。
韓国伝統生地やポジャギの小物等もご用意して
皆さまをお待ちしています。


■ 会期-2017年8月19日(土)~20日(日)
    10:00~17:00 (最終日は15:00まで)
■ 会場-新渓園(倉敷美観地区・大原美術館敷地内)
     倉敷市中央1丁目1番20号 (TEL) 086-422-0338
■ お問い合わせ-ポジャギ工房koe岡山教室
         坂本順子(090-2095-7926)
c0185092_13022146.jpg

c0185092_13023735.jpg

c0185092_13025158.jpg

c0185092_13032528.jpg

c0185092_13035863.jpg
c0185092_13034304.jpg
李は明日会場におります。
生徒さん・ポジャギファンの方々
ご来場の方々にお会いするのを
楽しみにしております。
















[PR]
# by k-pojagi | 2017-08-19 13:01 | koe展示会/イベント

第1回 ポジャギ工房koe 静岡教室グループ展 

こんにちは。
koeの李京玉(い・きょんおく)です。
ただいま開催中の静岡教室グループ展に
行ってまいりました。

静岡では初めてのポジャギ展。
新聞やテレビでも取り上げていただき、
ますますポジャギの輪が広がりそうです。

静岡の生徒さんとも
2015年東京展以降久しぶりの再会で
楽しいお時間を過ごさせていただきました。

2015年の東京展よりも多彩な作品で
とても素晴らしい会場でした。
(皆さん設営お疲れさまでした)

下記の日程にて開催中です。
ご来場お待ちしております。


■会期-2017年8月15日(火)~20日(日)
      10:00~17:00(最終日は16:00時まで)

■会場-「静岡市民ギャラリー」 第2/3室
        静岡市葵区追手町5-1    TEL 054-221-1017 
       JR静岡駅より徒歩15分。静鉄バス 県庁、市役所前下車。

■主催-ポジャギ工房koe

■問合せ先-静岡教室 田形まで TEL 090-6646-0115


c0185092_09040382.jpg

c0185092_09041869.jpg

c0185092_09043593.jpg

c0185092_09044779.jpg

c0185092_09045914.jpg

c0185092_09051336.jpg

c0185092_09052883.jpg

c0185092_09055160.jpg

c0185092_09054058.jpg

c0185092_09061460.jpg

c0185092_09060354.jpg































[PR]
# by k-pojagi | 2017-08-18 13:30 | koe展示会/イベント

夏休みの思い出

こんにちは。
koeの李京玉(い・きょんおく)です。
お盆休みいかがお過ごしでしたか。

李は主人の実家に帰省しました。
実家には姪っ子が二人います。
子供たちに連れられて近所の猫を見に行ったり、
四つ葉のクロバーを見つけたり、
鳳仙花で爪を染めてみたり…

c0185092_13220073.jpg


四つ葉のクロバーです。
ある街路樹の根本、
四つ葉のクロバーがよく見つかることが
わかっているみたいで、
瞬時に3つも見つけてくれました。
子供って目がいいですよね!

散歩から戻って帽子を取ってみると、
いつの間にか四つ葉のクロバーが差してあって…
幸せな気持ちになりました。
(&発想の可愛さにぎゅんとなりました~)


c0185092_13222106.jpg

鳳仙花で染めた爪。
韓国に古くから伝わる風習で、
子供の頃は夏休みに必ずやっていました。
(それも10本全部!)
やり方は…

①鳳仙花の花と葉を混ぜて石などでよく潰します。
②ミョウバンを混ぜます。
③爪に載せて、ラップで巻きます。
(写真は1時間染めたもの)

うちでは巻いて一晩ということでしたので、
寝るとき布団につかないように
すごく気を付けて寝たことを覚えています。

紅色に染まった爪が
初雪が降るごろまで残っていると
恋が実るといいます。
ロマンチックですよね…


[PR]
# by k-pojagi | 2017-08-18 13:26 | POJAGI工房 koe